農福企業連携推進・障害者職域開拓支援

障がい者が持っている能力を発揮し輝いて仕事が農業分野で広がっています。

企業における障がい者の新規職域を農業分野に広め、農業分野の人手不足を解消する、農福企業連携に取り組むことで、福祉・農業・企業のそれぞれの抱える課題を解決することができます。

ノーマポートは、アグリ・チャレンジドを育てるユニバーサル農業を推進します。

 

<ユニバーサル農業への取組>

障がい者が農業分野で活躍する取り組み

 

農業分野では高齢化と後継者の不在に加えて人手不足で農業経営が難しい農家が増えてきてます。企業はCSR取り組みで障がい者雇用を進めていますが、法定雇用率が上がり新しい職域を見つけることに苦労しているところは少なくありません。

双方の問題を解決するのはユニバーサル農業の一つの仕組みとなる農福企業連携です。

企業にとっては障がい者の新しい職域として農業分野で働くことができ、農家にとっては人手不足を作業委託という形で農作業を依頼することができる仕組みです。

<管理者・サポーター養成研修>

企業向けカスタマイズ養成研修です。

障がい者とともに業務を効率良く行うサポーターの役割は重要です。障がい者に仕事を教えスキルアップやモチベーションアップを図り作業をスピーディに対処できるようにすることはもとより、作業品質管理、安全管理、衛生管理、業務改善を図ることが必須です。障がい者をどう育て、どう業務管理を遂行したらいいのか研修を通じて習得します。