障がい者が活躍できる元気な地域社会をめざし

農福産連携を推進します

<ユニバーサル農業への取組>

障がい者が農業分野で活躍する取り組み

 

農業分野では高齢化と後継者の不在に加えて人手不足で農業経営が難しい農家が増えてきてます。企業はCSR取り組みで障がい者雇用を進めていますが、法定雇用率が上がり新しい職域を見つけることに苦労しているところは少なくありません。

双方の問題を解決するのはユニバーサル農業の一つの仕組みとなる農福産連携です。

企業にとっては障がい者の新しい職域として農業分野で働くことができ、農家にとっては人手不足を作業委託という形で農作業を依頼することができる農業と福祉が連携した取り組みモデルです。